×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

柿の種型テール灯

バス部品TOPへ戻る

 

 

部品(内部)の様子

@ A

B C

D E

F G

写真@;背面

写真A;内部

写真B;ブレーキ灯点灯

写真C;右折点灯

写真D;左折点灯

写真E;ブレーキ灯点灯(カバー外し)

写真F;ウインカー灯点灯(カバー外し)

写真G;テール灯

 

説明

 このテール灯は通称「柿の種型テール(バス協テール)」と呼ばれるテールランプで、1990年代中ごろまで取り付けられていました。

 現在では主に首都圏以外の都市で見ることが出来ますが、10〜20年後には数を減らしていくものと思われます。

 

 

 

仕様

・形式(型番)……T65-21

・メーカー…………HAKKOSHA

・分  布…………日本全国(一部少なくなった地区もあり)

・取り付け例………路線バス 路面電車(熊本市交通局)

・備  考…………無し